Q&A

Q:パロは購入できますか。またどこで購入できますか。

A:株式会社知能システムが予約受付を行っています。詳しくは下記へ

株式会社 知能システム (詳細HPは、会社名をクリックしてください)

パロ インフォメーションセンター
フリーダイアル フリーダイアルのマーク 0120-86-1842 (パロ、癒しに)
携帯電話・PHSでのご利用は 0763-62-8686
FAX 0763-62-8600
E-mailでのお問い合わせ info@paro.jp
受付時間: 午前10:00~午後5:00まで
(土日祝祭日・年末年始を除く)

Q:パロは安くなりませんか?

A:長く、大切にパロをかわいがって頂くことを目的に、パロは、そのクオリティを高めるため、1体ずつが手作りです。そのため大量生産ができませんが、現在でも、精一杯のコストダウンがしてあります。

また、本物のペットと比較すると、必ずしも高価では無いともいえます。例えば、犬の場合には、生涯にかかる費用は、300万円から500万円といわれています(NHK:くらしと経済「ペットと幸せに暮らしたい 費用と心得は?」

Q:パロの名前の由来は?

A:3つの理由があります。

(1) パーソナル・ロボットの「パ」と「ロ」

(2) 破裂音の「パ」は人から覚えられ易い

(3) 古代エジプトでは、Pharaoh(王)をパロと呼んでいたから(あまり関係ありません)

Q:パロや産業技術総合研究所知能システム研究部門のことをもう少し詳しく知るには?

A:次のURLを訪問してください。

(1) 産業技術総合研究所 http://www.aist.go.jp

(2) 産業技術総合研究所知能システム研究部門

(3) AIST Today Vol.3 No.6

産総研のロボット技術~人間と共存するロボットたち、進化し続ける知能システムテクノロジー~(PDFファイル:1.3MB

Q:パロはたくさんいるのですか?

A:パロは、これまでに、国内で1000体以上が世に出ています。また海外では、20カ国以上の国々で利用されています。一つ、一つが、手作りなので、大量に作ることができません。そのため、パロは、それぞれの顔の表情 が異なります。また、飼い主とのふれあいから、学習するため、一つ、一つ、名前や性格が異なっています。

Q:パロは、どれも同じ名前なのですか?

A:パロは、音声認識の機能と、学習機能があります。名前を付けて呼びかけていると、新しい名前に反応するようになります。現在、実験で使っていただいて いるパロには、「まろちゃん」、「花子ちゃん」、「まるちゃん」、「シロちゃん」など名前が付けられ、かわいがられています。

Q:「相互作用と賢さ」って何?

A:人とパロがふれあうことは、「相互作用」と言います。ふれあっている人からパロを観察すると、あたかも心や感情があるように感じ、「賢い」生き物のように感じられると思います。

このような「相互作用と賢さ」を研究することが、パロの研究開発に生かされています。

科学技術振興機構のさきがけ研究21の「相互作用と賢さ」領域では、パロをはじめとする様々な研究が行われています。

次のURLを訪問してみてください。

(1) 「相互作用と賢さ」領域 http://www.sogo.jst.go.jp/

(2) 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業さきがけ研究

http://momo.tokyo.jst.go.jp/kisoken/index.html

(3) 継続研究「人とロボットの持続的相互作用に関する研究」柴田崇徳

http://momo.tokyo.jst.go.jp/kisoken/index.html 平成16年度